シミ・色素沈着の原因

シミ・色素沈着は何故出来るのでしょうか。
皮膚は表皮と真皮から出来ていますが、シミや色素沈着の原因であるメラニン色素を生成するのは、皮膚の表皮にあるメラノサイトという色素細胞です。

よく紫外線を浴びると、シミや色素沈着が起きやすいといいますが、これは紫外線によって、メラノサイト内でメラニン色素が作られるためです。
本体メラニン色素は、紫外線から皮膚を守るために生成されるのですが、新陳代謝の機能が低下していくと、メラニン色素がいつまでも表皮に残ってしまうために、シミ、色素沈着となってしまうのです。

通常新陳代謝は28日周期で古い細胞が新しい細胞に生まれ変わるようなサイクルを作り出しています。
新しい細胞が出来ると、古い細胞はアカとして、体外へ排出されていくのです。

ですから、メラニン色素が出来ても慌てる必要はなく、皮膚の代謝が良好であれば、シミや色素沈着を引き起こすことがありません。
若いころに日焼けをしても、シミや色素沈着に悩まされることはなかったでしょうが、年を取ると代謝機能が衰えていきます。

また紫外線を長期間浴び続けると、皮膚の再生能力が低下するため、ターンオーバーが正常に行われなくなる危険性もあるでしょう。
メラニン色素は紫外線だけでなく、タバコやストレスによって、体内に活性酸素が多量に作られることによって、メラノサイトが刺激を受けることでも生成されていきます。

メラニン色素が多量に生成されないようにする、かつメラニンの排出を遅らせるような生活習慣を心がける必要があるでしょう。
アトピー性皮膚炎の改善方法にも生活習慣の見直しが紹介されています。

またごぼう茶を飲むと代謝が向上するので、ごぼう茶は肌荒れに効果があるようです。
一度試してみると良いでしょう。