HOME > シミの種類

シミの種類

しみと一口に言っても、その種類はいくつもあるのをご存じですか。それぞれシミができる原因も違いますから、まずはシミの種類について理解すると良いでしょう。まず多くの方がしみと認識しているものは「老人性色素斑」と呼ばれるもので、紫外線などの影響でメラニン色素が沈着して出来るものです。若い頃は日焼けをしても、ターンオーバーによってメラニン色素が排出されるので、シミにはなりませんが、加齢とともにターンオーバーが滞るようになると、シミが出来てきます。日光を浴びることが多い人は早くて20代後半ぐらいからこのシミが出来てくるようです。初期の段階であれば、美白化粧品で薄くすることも出来ますし、レーザーで除去することも可能です。次に肝斑と呼ばれるシミですが、こちらは頬骨周辺などに左右対称に出来るシミで、妊娠や閉経とともに出来る女性が多いようです。男性よりも女性に出来ることから、女性ホルモンが影響していると考えられます。老人性色素斑とよく似ていますが、レーザー治療で除去することが難しく、かえって悪化させることもあるので注意してください。それから雀卵斑と呼ばれるシミは、俗にいうそばかすのことで、遺伝的要因が強いとされています。先天的なものなので完全に除去することが出来ず、レーザーで除去しても再発する可能性があります。他にも炎症性色素沈着と呼ばれるものは、皮膚が傷つくことで一時的に出来るシミで、時間の経過とともに消えていきます。こちらは美白化粧品で薄くすることも出来ますし、ピーリングで除去することも可能です。他にも脂漏性角化症や花弁状色素斑と呼ばれるシミもありますが、それぞれ発症する原因が異なりますし、シミを消す方法も異なります。まずは自分のシミがどのタイプに当てはまるか判断し、適切な処置を施さないと効果がないばかりか、悪化する危険すらあります。必ず独断で判断せず、病院で受診すると良いでしょう。