HOME > ストレスで出来るシミ

ストレスで出来るシミ

シミは紫外線などの外的要因ではなく、ストレスが溜まるなど内的な要因によってホルモンバランスが乱れると、シミが出来ることがあります。
ストレスが過剰に溜まると、自律神経が正常に働かなくなり、ホルモン分泌が正常に行われなくなります。

ホルモンの中には代謝に関係しているものもあり、新陳代謝が遅れると肌トラブルの元になると言われます。
さらには紫外線を受けることで発生する活性酸素は、ストレスによってもたくさん発生するのです。

年をとるとシミやシワが増えるのは、活性酸素を除去する力が弱まったことが原因です。
いくら若い方でも過剰にストレスを受けると、活性酸素が許容範囲を超え、シミやシワ、肌トラブルを引き起こします。

活性酸素は体内に酸素が取り込まれると、酸化して発生するものですが、細菌など身体に有害な物質を攻撃してくれます。
しかし過剰に増えた活性酸素は身体に有害なものだけでなく、健常な細胞まで攻撃してしまうことがあります。

同様にシミの原因とされるメラニン色素も紫外線などの外部刺激に対抗するために生成されるものですが、過剰に生成されると、シミを作り出してしまいます。
活性酸素は肌を健康に保つコラーゲンをも破壊してしまうので、ターンオーバーを妨げることに繋がります。

活性酸素はストレス以外にもタバコでも発生します。
健康的な生活に気を付けて、活性酸素を増やしすぎないように注意しましょう。

また玉ねぎがシミ対策に効果があるのはご存じでしょうか。
玉ねぎの抗酸化作用でアンチエイジングはこちらをご覧ください。