HOME > UVケアで紫外線対策

UVケアで紫外線対策

やはり紫外線対策はシミを作らない上で大切です。紫外線が美肌の大敵とは誰しも知っていることでしょう。紫外線の怖さはそれがお肌の老化を早める点にあります。紫外線を浴びるとお肌の内部でメラニン色素が作られます。排泄が上手くいっていれば、メラニン色素に怯える必要はありませんが、年を取ると代謝力が衰えるので、それがシミの原因になります。また紫外線の恐ろしさはメラニン色素だけではありません。紫外線はお肌の奥、真皮にまで到達してコラーゲンを傷つけることもあります。コラーゲンはお肌のハリや弾力を保つ上で欠かせない成分ですから、コラーゲンが傷ついたり、減少するとシミやたるみの原因にもなります。ですから紫外線対策をすることは、5年後、10年後の肌質を大きく変えることに繋がります。日差しの強い日は紫外線を浴びていることを否が応でも感じますが、紫外線の怖いところは暑さやまぶしさを感じないところにあります。燦々と晴れていない日や曇りの日でも、長袖の洋服を着ていても、日蔭や部屋の中にいても、私たちの肌は紫外線を浴びているのです。油断していると、ある日突然お肌の老化を引き起こすことになります。紫外線対策には日焼け止め化粧品でUVケアすることが大切です。日焼け止め化粧品の表示を確認すると、「SPF」や「PA」という表示をご覧いただけると思います。どちらも数値が高い、あるいは+の数が多い程、紫外線をカットする効果が高いことを意味します。両者の違いは紫外線のA波をカットするのか、B波をカットするかの違いです。A波とB波はどちらもお肌の老化の原因になりますから、UVケアにおいてはどちらもカットする必要があります。数値の高いものほど紫外線のカット効果は確かに高いのですが、逆にお肌への負担になることもあります。また使用感の良さかたジェルタイプやローションタイプの日焼け止めが人気ですが、こちらは紫外線吸収剤がたくさん入っていることがあるので注意が必要です。紫外線吸収剤はお肌の上で紫外線を化学変化させることで紫外線の影響を和らげるものですが、お肌にとって刺激になることがあります。ですからなるべく紫外線吸収剤の入っていないものを選ぶと良いでしょう。また日焼け止めを塗ったら、上からパウダーファンデーションを塗ることも紫外線対策になります。ファンデーションに含まれる色粉は紫外線散乱剤と似ており、紫外線を跳ね返す効果があります。ですから日焼け止めの上に塗ることでUVカット効果が高まります。紫外線は日々浴びている量がわずかでも、蓄積されるとシミやシワの原因になります。日々紫外線対策を講じるようにしましょう。