HOME > 色白の人はシミが出来やすい?

色白の人はシミが出来やすい?

残念ながら、遺伝的にシミが出来やすい人と出来にくい人がいます。同じ日本人で同じような生活をしていても、肌の白い人と黒い人がいます。色黒の人と色白の人が存在するのは、元々のメラニンの量が人によって異なるためです。そのため、同じように紫外線を浴びていても、シミが出来ない人もいれば、すぐにシミになってしまう人がいるのです。ちなみに色黒の人は色白の人よりもメラニンの量が多いと言われています。しかしメラニンが多いことに悲観する必要はありません。というのも、メラニン色素が生成されるのは、紫外線のダメージを修復するためです。つまり元々メラニンの多い色黒の人の方が紫外線のダメージを受けにくく、シミが出来にくいと言われています。一方で肌の白い人は紫外線のダメージを受けやすく、すぐに肌が赤くなったり、メラニンが色素沈着してシミになりやすいのです。特に女性の場合、色白の透き通ったような肌の人は、みんなから羨ましがられる傾向がありますが、シミの出来やすさから言えば、羨ましいことばかりではありません。色が白いからシミが目立つというのもありますが、色白の人は色黒の人よりシミ対策を頑張らなければなりません。ちなみに秋田美人は色白で肌が美しい人が多いと言われていますが、これは秋田県の日照時間が他の地域よりも短く、紫外線をそれ程浴びない環境でした。そのためにメラニン色素が生成されることも少なく、そうした体質がDNAに記憶され、秋田美人は白くて美しい肌を保っていられるのでしょう。